極 最新まとめ

主に2chの記事のまとめや最新ニュースをお届けしているサイトです。

    テレビ

    1:2016/02/14(日) 19:38:19.19 ID:
    日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!10年目突入記念アワード2時間SP」が14日に放送され、
    バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん、27)と不倫騒動の渦中にあるタレントの
    ベッキー(31)の姿はなく、タレントの鈴木奈々(27)が“定位置”に座っていた。

     先週までの2週間は「※1月26日に収録を行いました」とテロップが流れ、
    前列右隅にいつも通りベッキーが存在。しかし、今回の10年目突入を記念した
    2時間SPにはその姿はなく、鈴木が定位置を奪ったことになる。
    【鈴木奈々、「イッテQ」でベッキー“定位置”奪取!】の続きを読む

    1:2016/02/11(木) 22:06:12.58 ID:
     高市早苗総務相は11日、自らのホームページやフェイスブックに掲載したコラムで、電波法に基づいて放送局に
    電波停止を命じる可能性について「万が一、不幸にも『極端なケース』が生じてしまった場合のリスクに対する法的な備えは、必要だ」と主張した。
    国会答弁と同様、政治的に公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合は、放送法4条違反を理由に電波停止が正当化されるとの立場を改めて示したものだ。

     高市氏はコラムで「放送法も電波法も、キー局と呼ばれる大手テレビ局だけではなく、地方のケーブルテレビ局や
    小さなエリア対象のラジオ局にも関係する」と主張。そのうえで、放送法第4条に抵触する具体例として、
    「テロリスト集団が発信する思想に賛同してしまって、テロへの参加を呼び掛ける番組を流し続けた場合には、
    放送法第4条の『公安及び善良な風俗を害しないこと』に抵触する可能性がある」を挙げた。

     また、選挙に絡む例として「(放送の)免許人等が地方選挙の候補者になろうと考えて、選挙に近接した期間や
    選挙期間中に自分の宣伝番組のみを流し続けた場合には、放送法第4条の『政治的に公平であること』に抵触する可能性がある」とも主張した。

     そのうえで、電波停止を規定する電波法第76条について、「総務省が数次に渡って改善を要請しても、
    相手が応じない場合には、視聴者の利益や公益を守る為に、これらの行為を阻止できる唯一の手段」とコラムに書き込んでいる。

    朝日新聞社
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160211-00000050-asahi-pol
    関連スレ
    【政治】電波停止、菅内閣の時にも当時の総務副大臣が可能性に言及-2010年の参院総務委©2ch.net
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1455183367/
    19:2016/02/11(木) 22:10:44.10 ID:
    >>1
    だな。
    【高市総務相「テロ参加呼び掛ける番組は放送法に抵触」】の続きを読む

    1:2016/02/08(月) 22:04:10.04 ID:
    地理学者、考古学者であり、また同時にNHKの経営委員のメンバーでもある安田喜憲氏が第1110回の日本放送協会経営委員会で異常な発言をしていたことが分かった。

    経営委員会の議事録についてはネット上で読むことができ、そちらにて安田喜憲氏の発言を確認することができる。

    発言の趣旨は、「最近の日本の若者は学習意欲がなく、本当にダメなやつばかりであり、一方で外国の若者は熱心に勉強している。
    日本の若者を教育するにはNHKの番組を強制的に見せる法律をつくるべき」というものだ。

    --------------------
    いろいろなところで講演していますが、講演して一番反応がないのは若者です。昔は大学の授業を聞いていて、学生が寝るということはありませんでしたが、今は授業中に寝ます。
    これは日本の大きな問題で、NHKもこういう問題を考えなければならないと思います。日本の未来を考えるときには、今の若者を根本的に立て直すことを考えることが必要です。

    カンボジアで授業をしていると、目をきらきら輝かせて聞いています。その反応と同じように彼らはテレビも見ています。日本の国際放送を見ています。それはそこから何かを吸収したいということです。
    バラエティーではありません。生きる糧をもらいたいと思って、発展途上国の人はNHKの国際放送を見ているわけです。日本に期待しています。
    そういうところにバラエティー番組を流されると、はっきり言って日本人でも腹が立ってきます。日本は、いつの間にか文明が成熟しているので、今の日本の若者の接触者率を増やさなければならないとか言っていますが、

    私は、今の若者に徴兵制はだめとしても、徴農制とか、徴林制とか漁村に行けとか、そういう法律で、テレビの番組も何時から何時まできちんと見るということにすればいいと思います。
    この番組を見なければ会社に就職させないとか、抜本的に政策を変えないと、日本は本当に大変なところへ行くのではないかと思います。

    したがって、そういう面でNHKの役割は非常に大きいので、許される範囲を超えるものもあると思いますが、もっときつい方策をとらなければならないところまで来ているのではないか思います。

    http://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/giji/g1110.html
    --------------------
    あまり

    以下ソース
    http://netgeek.biz/archives/65874
    5:2016/02/08(月) 22:05:38.37 ID:
    クローズアップ現代面白い!
    一番好きなNHKです
    【【炎上】NHK経営委員「最近の若者は本当にダメだから法律でNHKの番組を強制的に見せる時間をつくるべき」】の続きを読む

    1:2016/02/04(木) 18:07:25.99 ID:
    1月30日に放送されたバラエティ番組「めちゃ2イケてるッ!」(フジテレビ系)の視聴率が
    4.9%だったことがわかった。
    ネットでは今回の番組内容に関して批判が到している。

    「今回の『めちゃイケ』は、女性視聴者を獲得したいというテーマの元、お洒落な飲食店や、
    コスメ、ファッションをVTRメインで真面目に紹介するというものでした。スタジオパートでは
    女子力がない男性芸人と、女性芸能人らが言い争いをするという流れはあったものの、
    基本ベースは昼の情報番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)をなぞっただけのもので、
    パロディにすらなっていませんでした」(テレビ誌記者)

    放送後、ネットでは「これを『めちゃイケ』でやる意味あるのか?」「今回の企画はさすがに酷すぎる!」
    と従来の視聴者からは呆れられ、さらに番組のターゲットとなった女性視聴者からも
    「これなら『ヒルナンデス!』を観たほうがマシ」「中途半端」と酷評の嵐となった。

    「今回の『めちゃイケ』は、女性を取り込もうとして、結果的に従来の固定ファンすら
    逃げ出す形となりました。過去、フジは27時間テレビで『女子力』をテーマにした際、
    歴代最低視聴率を記録しているにも関わらず、また同じテーマで爆死。このまま
    低視聴率が続けば、今年中に打ち切られる可能性は極めて高いでしょう」(前出・テレビ誌記者)

    ここ数年、存在感の薄い新メンバーの加入や、カガリプロデューサーをメインにした企画に対する不評などで、
    ファン離れが止まらないと言われる「めちゃイケ」。

    スタッフは新たな女性視聴者を獲得することよりも、
    まずは過去に観てくれていた番組のファンを取り戻すことを、考えたほうがいいのかもしれない。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_52179/

    岡村隆史
    4:2016/02/04(木) 18:09:20.93 ID:
    おかげですもそうだが裏方の連中をTVに出すな
    内輪ネタが度を過ぎてイライラする
    【【テレビ】 「めちゃイケ」が歴代最低視聴率!「今回の企画はさすがに酷すぎる」と非難の嵐】の続きを読む

    1:2016/02/03(水) 21:25:48.34 ID:
    暴力団関係者との密接な交際を報じられ、2011年に芸能界を引退した島田紳助さん(59)にここ数日、「カムバック」を期待する声が高まっている。
    【【芸能】島田紳助の「芸能界復帰」待望論浮上 ベッキー、石坂騒動めぐるコメントに「支持」続々】の続きを読む

    このページのトップヘ