極 最新まとめ

主に2chの記事のまとめや最新ニュースをお届けしているサイトです。

    医療

    1:2016/02/05(金) 08:00:59.87 ID:
    毛包幹細胞が色素幹細胞を維持する仕組みを解明 | 研究成果・プレスリリース | 国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所
    http://www.tmd.ac.jp/mri/press/press11/


    概要
     東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループは、北海道大学の清水宏教授ら、
    および前任地の金沢大学田所優子助教らとの共同研究で、17型コラーゲンが白髪と脱毛を抑えており、
    欠損すると毛包内の2種類の異なる幹細胞間での相互作用による幹細胞維持機構が破綻するため、白髪や脱毛を発症することを明らかにしました。
    毛包幹細胞と色素幹細胞は毛包のなかほどバルジ領域付近に存在していますが、色素幹細胞は、黒髪のもとになる色素細胞の供給源となり、
    毛包幹細胞は毛髪のもとになる角化細胞の供給源となることで、毛が生え変わるごとに色素を持つ毛を生やしています。
    17型コラーゲンは、ヘミデスモソームを構成する膜貫通性のコラーゲンで表皮基底細胞を基底膜に強く固定する役割が知られてきました。
    また、ヒトで先天的に17型コラーゲンを欠損すると早発性の脱毛が見られますが、その仕組みについては明らかにされていませんでした。
    今回、毛包幹細胞が17型コラーゲンを高レベルで発現しており、毛包幹細胞の幹細胞性を維持するという役割を持つと同時に、
    毛包幹細胞が色素幹細胞のニッチ細胞として機能するためにも必須であること、これらの役割により白髪と脱毛を抑えていることが判明しました。
    そのメカニズムとしては、毛包幹細胞がTGF−βシグナルを介して色素幹細胞の未分化性や休眠状態を促進制御していることによるもので、
    17型コラーゲンを欠損するマウスでは、毛包幹細胞におけるTGF−βの発現が早期から失われ、
    隣接して存在する色素幹細胞におけるTGF-βシグナルが入らなくなるために色素幹細胞を維持できなくなり若白髪になること、
    毛包幹細胞を含む基底細胞でのみ17型コラーゲンを発現させると一連の異常がすべて回復することが判明しました。
    この研究は文部科学省科学研究費補助金・若手研究(S)、特定領域(細胞外環境)の他、複数の助成金の支援のもとでおこなわれたもので、その研究成果は、
    国際科学誌Cell Stem Cell(セルステムセル)に、2011年2月4日付で掲載発表されました。


    ポイント
    ・毛包幹細胞が発現する17型コラーゲンは、毛包幹細胞の維持に必須であることが判明。
    ・毛包幹細胞はTGF−βシグナルを介して色素幹細胞を維持しており、ニッチ細胞として働くことが判明。
    ・17型コラーゲンが幹細胞の維持を介して白髪と脱毛を抑制することから、その予防や治療への応用が期待される。


    (以下略)
     
    37:2016/02/05(金) 15:57:22.66 ID:
    >>1

    もろ禿HINE! ★ こんな古いの出すなや!(´・ω・`)
    【【朗報】毛包幹細胞が色素幹細胞を維持する仕組みを解明 白髪、脱毛がなくなる時代が来るぞ!!!!!】の続きを読む

    1:2016/02/08(月) 16:57:22.44 ID:
    日本人の3人に1人の命を奪う国民病である「ガン」も、「過去の病」と言われる日が近い—
    そう信じたくなるほど、昨今の医療の進歩は目覚ましい。注目の先端医療とその可能性について探った。

    「これは、まったく新しい発想から生まれたクスリです。

    これまでの免疫薬はがんを攻撃する力を高めて、がんを退治するというのが基本の考え方だった。
    ところが、がん細胞には防御機能が備わっており、これが作用するとがんを退治するはずの免疫細胞が攻撃をやめてしまう。
    そこでこの機能を解除することで、もともと自然に身体に備わっていた免疫力でがんを退治する。
    極端な言い方かもしれませんが、人体はがんを自然に治せる力を持っているんです。その力を後押しすることで、がんが小さくなるという画期的な治療法です」

    このように語るのは、がんの免疫細胞治療を積極的に行っている瀬田クリニック東京の後藤重則院長だ。

    昨年12月、一つの薬が肺がん治療の保険適用になった。その名はオプジーボ(一般名はニボルマブ)。
    小野薬品工業がおよそ20年かけて開発した免疫チェックポイント阻害薬である。後藤院長が説明するように、
    この薬が画期的なのは、人体が本来持っている力を使ってがんを治療するという点だ。

    人体にはがんを攻撃するキラーT細胞という免疫細胞が備わっている。
    だがその一方で、がんは免疫細胞の攻撃にブレーキをかけて、攻撃を阻止する能力を備えている。
    これがチェックポイントと呼ばれる機能だ。

    「これまで、免疫細胞治療の限界はチェックポイントが働いてしまうと、いくら免疫力を高めても、がんがなくならないという点にありました。
    そのチェックポイントの働きを無効にし、キラーT細胞ががんを攻撃しやすくするという意味で、オプジーボは免疫治療を大きく前進させる薬です」(後藤院長)

    実際、抗がん剤が効かなかった肺がんの患者のうち、約20%がオプジーボのおかげでがんが小さくなったという研究報告がある。
    これは今まで使用されていた他のクスリ(ドセタキセル)に比べて3倍近くも効果が高い。しかも副作用は8分の1だというのだから、まさに夢の新薬である。

    現代医学は日進月歩。数年前までは想像できなかったような新薬や治療法が開発されて、これまで回復不能だと見なされてきた重病でさえ、
    治癒の希望の光が差すことが増えている。とりわけ、がんの免疫細胞療法は、外科手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第四の治療法として急速に注目を集めている。

    新年度より、京都大学再生医科学研究所の河本宏教授の研究チームは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ってキラーT細胞を作り、
    血液のがんである白血病を治療する研究を開始する。

    白血病患者の体内からキラーT細胞を採取し、iPS細胞を作製、増殖させて、再びキラーT細胞に分化させる。
    これを体内に戻し、がん細胞を攻撃させるという仕組みである。河本教授が語る。

    「キラーT細胞はもともとの数が少ない。しかも、免疫チェックポイントの働きで攻撃する能力を失ってしまうものも少なくない。
    また、通常の方法では取りだしても増殖させるのが難しく、寿命も短いという性質があります。そこでiPS細胞の技術を使って、
    T細胞を若返らせて、いくらでも作れる技術を開発しようというわけです」

    白血病という病気は部分的に治すのではなく、完全に治すことを目指さなければならない。
    だから体の隅々まで追いかけて攻撃し、がん細胞を全部なくすこともできる免疫細胞治療が有効な病気だといえる。

    「免疫を全体的に活性化させる治療法の場合だと、自分の身体を攻撃してしまい、『自己免疫疾患』になる恐れもあります。
    しかし、がんにだけ攻撃を行うT細胞であれば、活性化しても副作用の恐れは少ないのです」(河本教授)
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47636
    3:2016/02/08(月) 17:00:15.56 ID:
    1型糖尿病になるんだよね、このオプジーボって薬。
    【【話題】 ガンはまもなくすべて治る! 「死に至る病」の治療はここまで来た】の続きを読む

    1:2016/01/26(火) 16:09:05.54 ID:

    中国メディア・広州日報などによると、現在23歳の女性は、10歳の頃から生でブタ肉を食べるようになったそう。
    彼女の生まれ故郷(雲南省デチェン・チベット族自治州雨崩村)では、
    祝日などの特別な日には新鮮なブタ肉に調味料を混ぜて生のまま食べる習慣があり、彼女もそれにならい食べ続けてきたのだが、
    最近になって原因不明の痛みに襲われるようになり、このたび医者にかかることにしたそうだ。

    病院では頭部MRIと全身CTスキャンが行われたが、その検査結果は専門家さえも驚く衝撃的なものだった。
    それもそのはず、女性の全身はすでに無数の寄生虫に侵されており、大脳や顔面の筋肉にさえも感染が見られるひどい有様だったからだ。
    http://www.narinari.com/Nd/20160135823.html

    白く見えるのすべて寄生虫
    2:2016/01/26(火) 16:09:55.02 ID:
    >>1
    グロ
    3:2016/01/26(火) 16:10:32.82 ID:
    豚の生肉やばすぎだな・・・
    この前の生レバーでナマモノ流行ってたけど、日本人大丈夫か?
    26:2016/01/26(火) 16:13:47.14 ID:
    sushi食ってる日本人もこうなるのか
    【女「痛いよー!」 謎の激痛に調べて見たら体がギッシリ寄生虫だらけ。生肉を食い続けた弊害か?】の続きを読む

    このページのトップヘ