極 最新まとめ

主に2chの記事のまとめや最新ニュースをお届けしているサイトです。

    テレビ

    1:2016/02/04(木) 19:11:48.59 ID:
    1月下旬、15年続いていたフジテレビのスポーツ情報番組「すぽると!」が3月いっぱいで打ち切られることが発表された。
    4月以降のウィークデーは、ニュース番組の一部がスポーツコーナーという他局と同じ形になる予定だ。
    【【野球】すぽると打ち切りで野球界が大混乱!地上波中継が無い今、CS解説者席を巡りギスギス…以前と違いテレビ局の人間に接待…】の続きを読む

    1:2016/02/02(火) 16:41:41.90 ID:
    01/30土
    *6.0% 19:00-19:57 CX* 有吉のニッポン元気プロジェクトおーい!ひろいき村
    *4.9% 19:57-20:54 CX* めちゃ×2イケてるッ!
    *9.0% 21:00-23:10 CX* 土曜プレミアム・有名人ギャップ大賞
    【【悲報】めちゃイケが視聴率4.9%を記録←なぜこうも落ちぶれたのか・・・】の続きを読む

    1:2016/01/31(日) 16:26:08.97 ID:
    1月27日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、山本耕史と堀北真希夫妻が訪れた不動産会社での情報が漏洩したことについて取り上げた。
    この日、都内でイベントに出席した山本耕史が騒動について言及したことを受けてのものだ。

    スタジオでは、宮根誠司が2人なら35万円の家賃のところには住まないはずと言及。
    それを受ける形でコメンテーターのRIKACOが「一般の人にはすごい高い家賃ですけど」としたうえで「逆に庶民的」と述べた。
    この発言が“家賃35万円は庶民的”ととられ、放送中からネット上には多数の批判コメントが書き込まれる事態に。
    そのことがネットニュースに報じられると火に油を注ぐ形で拡散し、さらなる批判を招いているのだ。

    「RIKACOはちゃんと『一般の人には高い家賃』と言っているんですけどね。その後の“庶民的”は余計でした。
    ネット上には『家賃35万円のどこが庶民的?』『金銭感覚が違いすぎ』『俺は庶民以下か』『憧れの庶民的』など批判の声が続々書き込まれています」(芸能ライター)

    発言の一部を切り取った形での炎上だけにRIKACOにとっては災難だが、不用意な発言だったことは否めないだろう。

    「ワイドショーや情報番組のコメンテーターは、出来事をわかりやすく解説する専門家と、視聴者の声を代弁する立場の人が座る場合が多い。
    モデルとして専門的に活動しているファッションのことならいざしらず、
    芸能界にどっぷり浸かった“RIKACO目線”の金銭感覚を披露されても、視聴者は興ざめするだけでしょう」(週刊誌記者)

    庶民感覚を知らないRIKACOにとって“庶民的”はNGワードだったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1083073/
    アサジョ 2016.01.31 09:58

    6:2016/01/31(日) 16:28:50.95 ID:
    何がどう『逆』で庶民的なんだ?
    【【芸能】家賃35万円を「庶民的」!RIKACOの浮世離れ発言に批判殺到】の続きを読む

    1:2016/01/30(土) 16:09:22.97 ID:
    スポニチアネックス 1月30日(土)15時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000115-spnannex-ent
     タレントの矢口真里(33)が29日深夜放送のTBS「有吉ジャポン」(金曜深夜0・20)に出演。
    「芸能界の上流に戻りたい」と現在の悩みを告白した。

     「成り上がりジャポン」という新企画。郊外の居抜き物件を中心に出店していることから
    「ロードサイドのハイエナ」の異名を持つエムグラントフードサービスの井戸実社長(38)が、
    新店舗のオーナー店長を若者から選ぶ面接を行った。

     不倫・離婚騒動から2014年10月に復帰した矢口。“成り上がり社長”たちに
    「訳あって芸能界の下流に落ちてしまいましたが、どうすれば、もう一度はい上がれますか?」と相談し
    「(テレビ出演)本数で言うと、すごく少なくなってしまっているので、やっぱり、
    もう一度、上の方に、上流の方に行きたいな、と」と心境を吐露した。

     女医でタレントの西川史子(44)は「無理よ」とバッサリ。井戸氏は「落ちた時に相手と比較しない方がいいですね。
    同期がうまくいっているとか、うらやんで見ちゃうと、自分はダメなんだと思っちゃう。そういうのを一切、気にしないで、
    自分は自分とキャラクターを作れば、浮かび上がれるかな」とアドバイスした。

     その上で「食中毒は飲食で言ったら、一発アウト」と一度、失った信用を取り戻すのは難しいと強調。
    西川が「矢口さんの(騒動)も食中毒ぐらいだったよね」と話すと、
    MCの有吉弘行(41)は「すごいからね、性欲が」と笑いを誘った。
    8:2016/01/30(土) 16:10:48.85 ID:
    不倫の代償はあまりに大きすぎたな・・・


    復帰したのに また消えちゃった
      
    【【不倫・離婚】矢口真里「芸能界の上流に戻りたい」「テレビの出演本数がすごく減ってしまった」】の続きを読む

    1:2016/01/29(金) 16:43:32.65 ID:
    LINEの流出からはじまった、タレントのベッキーと人気バンド「ゲスの極み乙女」のボーカル、川谷絵音の不倫騒動。
    人気雑誌「週刊文春」が2016年1月上旬にスクープとして報じた不倫報道は、「ベッキーの休業」というかたちで収束するかに思えた。

    ・「体調不良による休業」は大嘘
    ベッキーが所属するサンミュージックが、各テレビ局に「しばらくお休みしたい」と通達したのである。
    スポーツニッポンの報道によると「心身ともに壊れる寸前。とても仕事を続けられる状態ではない」と、
    関係者が語っているという。しかし「体調不良による休業」は大嘘だったことが判明。

    ・今もニコニコでキラキラして元気印
    大嘘だと判明した理由は、お笑い芸人のキンタローによる暴露があったため。
    同紙の取材班にベッキーのことを聞かれたキタンローは、「いつも通り変わらず、元気で場が温かかったです。
    ニコニコでキラキラして元気印でした」と語ったのである。このことが報じられ、いま現在もインターネット上で大炎上となっている。

    ・もはや弁解の余地がない!?
    不倫騒動に対して謝罪会見をし、川谷絵音に対して「友達です」と説明しながら、裏で「友達で押し通す予定!笑」と言っていたベッキー。
    報道後も二人は交際を継続。すでに数回、世間はベッキーに騙されているため、もはや弁解の余地がないほど、猛烈な批判の声で溢れかえっている。

    ・インターネット上の声
    「いきなりバラされる」
    「詰んでますなぁ」
    「そのまま引退しろ。ありがとう、キンタロー。 さようなら、ベッキー」
    「キンタローさん容赦ないっす」
    「仲間に売られるし心神耗弱状態なら辞れば?」
    「どちらかが嘘を言ってるわけだ」
    「睡眠も取れないけれど海外旅行に行ける元気があるベッキー」
    「ベッキーは元気印だったとキンタロー。言ってなかったっけ?」
    「ゲスノートwwwwwwwwwwww」
    「だろうと思った。だいたい心身ともに壊れそうなのは川谷の妻だろ?」
    「不倫したクズの分際で何で被害者ぶってんの?」
    「ブレないなあ」

    ・「裏の性格」がより浮き彫りに
    重ねて言うが、ベッキーは一度、世間を裏切る発言をしており、今回のキンタローの発言によって彼女の「裏の性格」がより浮き彫りになる形となった。
    皆さんは、ベッキーが本当に心身崩壊寸前の状態にあるとお思いだろうか?

    ちなみに、インターネット上では「どっちかというと心身崩壊しそうなのは被害者の川谷絵音の妻なんじゃないか?」という声も出ている。
    さらに「川谷絵音の妻がクローンiPhoneでLINE情報を漏らしたのでは?」とも言われているが、真相はわからないままだ。

    http://buzz-plus.com/article/2016/01/29/becky-kawatani-furin-bakuro/
    2016.01.29


    6:2016/01/29(金) 16:45:18.87 ID:
    ベッキーがキンタロー恫喝しそうで怖い
    13:2016/01/29(金) 16:46:11.64 ID:
    発覚直後にも眠れず5kg減と報道されたが、
    その直後、何も変わらぬ元気な姿をオーストラリアで撮られたしな

    嘘の塊
    18:2016/01/29(金) 16:47:00.48 ID:
    つうかお前らほんとに基地外だな
    糞だまりかここは
    【【芸能】大炎上 ベッキー不倫騒動で心身崩壊による休業は大嘘だと判明 / 芸人「今もベッキーはニコニコ元気印!」】の続きを読む

    このページのトップヘ