極 最新まとめ

主に2chの記事のまとめや最新ニュースをお届けしているサイトです。

    経済

    1:2016/01/25(月) 16:28:09.03 ID:
    若者にとって日本は“絶望の国”なのか… 増えていく自殺と「希望格差」
    2016.1.24 17:13
    http://www.sankeibiz.jp/econome/news/160124/ecc1601241713002-n1.htm

     「失われた20年」で若者の自殺が増加

     年明け早々物騒な話ですが、日本は自殺大国といわれます。2012年の自殺率
    (人口10万人あたりの自殺者数)は23.1で、172カ国で9位です。社会的な統制が
    強い旧共産圏の国々ほどではないにせよ、先進国の中ではダントツです。

     私は、社会病理学を専攻しています。

     簡単にいうと、社会の健全度(逆にいうと病気度)を診断しようという学問です。
    人間の場合、病気かどうかを判断する指標として体温や血糖値などがありますが、
    社会の健康診断の指標としては、犯罪率や自殺率などがよく使われます。

     犯罪率は警察の取り締まりの姿勢によって大きく左右されますので、私は、
    後者の自殺率がよいと考えています。自殺の原因は個々人で多様ですが、
    国民のうち自殺者がどれほどいるかという「自殺率」は、まぎれもなく社会の問題を
    反映しています。

     エミール・デュルケムが名著『自殺論』において、自殺率を指標として、19世紀の
    ヨーロッパ社会の病理をえぐり出したことはよく知られています。

    以下はソース元で。
    2:2016/01/25(月) 16:29:05.56 ID:
    じゃあ希望の国ってどこよ
    8:2016/01/25(月) 16:30:26.06 ID:
    ■反日売国奴の安倍首相













    ■安倍政権の反日売国政策
    実質賃金とボーナスは下がり続け、物価は値上げが続く
    消費税は8%に増税、2017は更に増税10%確定
    電気代も上がり、食品もどんどん値上げ
    TPPを全力推進、貿易赤字も過去最大に
    解雇規制を緩和して、正規雇用が減少
    派遣規制を緩和して、非正規雇用が増加
    尖閣竹島を放置して、村山・河野談話を継承
    年金の納付額は増額、年金の給付額は減額
    増税に次ぐ増税、公務員と議員は給与上昇
    生活保護も増え続け、外国人労働者を受け入れ
    各種社会保障をカット、 残業代もカット
    慰安婦を反省し謝罪と賠償、 外国の資金援助は大幅増
    貧困率は過去最悪、生活苦を感じる人は5割越え
    国内GDPは大幅低下、個人消費も大幅低下の大恐慌レベル
    個人貯蓄率はとうとうマイナス、3割以上の世帯で貯蓄ゼロ
    明治産業革命の軍艦島を、東洋のアウシュビッツと負の遺産に
    ■経歴
    1977 成蹊大学卒業後、米大学へ留学するも退学しニート生活(2年間)
    1979 神戸製鋼所入社
    1982 神戸製鋼所退職し再ニート(11年間)期間
    1993 世襲当選
    12:2016/01/25(月) 16:31:05.59 ID:
    勉強しろよ
    いい大学行って就活頑張れよ
    公務員様目指せよ

    クズが楽して幸せになれる国なんてどこにも無いぞw
    【【社会】若者にとって日本は“絶望の国”なのか… 増えていく自殺と「希望格差」】の続きを読む

    1:2016/01/24(日) 14:40:16.85 ID:
    店主の長谷川敏明さん(41)は2代目だ。1976年、市内の本屋に勤めていた父が独立して開業。その父が病気で倒れたため、東京から戻り、2002年に店を継いだ。大手チェーンや郊外型店の影響で、既存店に厳しさが出始めた頃だ。

    父の代からの常連客らで切り盛りできたのもつかの間。やがて客足が遠のいた。

    3年前から知り合いの写真家による写真教室を定期的に開催。本の著者を招いたトークイベントや、近所の農家の野菜を置く朝市も開いた。誰にでも懐く柴(しば)犬のチャチャは看板犬として手伝った。閉店の知らせは突然で常連客を驚かせた。

    試みは新しい客を増やしたが、売り上げ回復にはつながらず、家賃が重くのしかかっていた。店番を手伝う母も70歳を超え、無理をさせられなくなった。

    今時、本屋の閉店は珍しくない。民間調査によると、00年代初めに全国で2万軒以上あった本屋は、15年間で1万3000軒にまで減った。長岡市街地でも毎年1、2軒が閉店し、今は10軒足らずという。

    本離れの上に、インターネット通信販売や電子書籍の普及など本を取り巻く環境の変化が街の本屋を追い詰めている。街の止まり木のような存在だった小さな本屋はもう、やっていけないのか。

    http://mainichi.jp/articles/20151230/ddl/k15/070/033000c
    7:2016/01/24(日) 14:43:56.78 ID:
    使うよ! ヨドバシも使うよ!
    11:2016/01/24(日) 14:44:28.47 ID:
    >>1
    > 民間調査によると、00年代初めに全国で2万軒以上
    > あった本屋は、15年間で1万3000軒にまで減った。

    そんなもんだろうな。
    14:2016/01/24(日) 14:45:35.69 ID:
    楽天は使ったことないわー
    【また街の本屋さんが閉店しました。それでもあなたはAmazonを使いますか?】の続きを読む

    このページのトップヘ