極 最新まとめ

主に2chの記事のまとめや最新ニュースをお届けしているサイトです。

    経済

    1:2016/01/29(金) 23:02:56.038 ID:
    そりゃ誰も買わないわ



    9:2016/01/29(金) 23:04:53.578 ID:
    現行のクラウンよりは全然カッコいい
    10:2016/01/29(金) 23:04:59.659 ID:
    HONDAを選ばざるを得ない人しか買わないだろうな
    16:2016/01/29(金) 23:06:47.319 ID:
    >>9
    ホンダ関係者乙

    マイナーチェンジ後のクラウンアスリートはめっちゃかっこいい

    しかも680万円もしない
    【この車が680万するらしいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1:2016/01/26(火) 11:36:21.54 ID:
    日本の輸出、23%押し上げ=TPPで試算-米研究所
    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2016012600171

     【ワシントン時事】米有力シンクタンク、ピーターソン国際経済研究所は25日、日米など12カ国が大筋合意した環太平洋連携協定(TPP)の発効により、
    2030年の12カ国の輸出額が11.5%押し上げられるとの試算を公表した。日本は輸出額が23.2%伸び、12カ国中2番目に大きな恩恵を受けるという。

     同研究所は、TPPがない場合との比較で効果を試算した。TPPによる関税撤廃や貿易規制の緩和を通じ、12カ国すべてで輸出が拡大。
    国別の伸び率は首位のベトナムが30.1%で、日本に次ぐ3位はマレーシア(20.1%)、米国は6位で9.1%と見込まれている。

     30年の12カ国の総所得は、年間4650億ドル(約55兆円)押し上げられる見通し。
    このうち米国が1310億ドル、日本が1250億ドルそれぞれ増加する。(2016/01/26-09:14)

    たぶんソースの報告書
    The Economic Effects of the Trans-Pacific Partnership: New Estimates
    http://www.iie.com/publications/interstitial.cfm?ResearchID=2906
    http://www.iie.com/publications/wp/wp16-2.pdf
    6:2016/01/26(火) 11:38:33.32 ID:
    >>1
    これGTAPのモデルをそのまま回すと同じような結果が出る
    たいした話じゃない
    【【国際】日本の輸出、23%押し上げ=TPPで試算-米研究所 12カ国では輸出額11.5%押し上げ】の続きを読む

    1:2016/01/28(木) 11:09:59.32 ID:
    http://www.lifehacker.jp/2016/01/160127cheap_clothes_expensive.html

    高級な服は、お金を費やした分だけ長持ちします。着心地も良いですし、
    印象アップにもつながって、着ている本人の気分も上がります。それに何と言っても、
    高級な服は、いたるところに質の高さがうかがえます。このことに気づくと、二流品を買うことが少なくなり、
    そうして浮いたお金を、いつまでも着られる少数の良質なアイテムに回すようになります。

    ワードローブにも「コンフォート原則」を適用しよう

    「コンフォート原則」とはシンプルなルールで、「毎日長時間使うものに、たくさんお金をかける」というものです。
    1日に何時間眠り、デスクで作業し、パソコンを使うかを考えたら、良質なマットレスや快適な椅子、
    そしてそれなりのノートパソコンにお金をかけるのは、良い選択ということになります。
    さて、この発想で行くと、私たちのほとんどは、朝から晩までずっと服を着ています(寝ている間だって、
    何か身につけている人がほとんどですよね)。職場で、自宅で、ジムで、私たちは服を着ています
    。あらゆるときと場合に、何らかのタイプの服が必要です。だから、着る人に最大限の幸福をもたらし
    、日常的な使用に耐えられる服を買うことは、道理にかなっています。仕事で着る服なら、
    オフィスで着映えして、しかも着心地の良いものがふさわしいですね。ジムで着るなら、体にフィットし、
    ワークアウトに耐えられるものが必要です。
    服は毎日着るものですから、服を買うのは「体験を買う」のと同じこと、という考え方もできます。
    体験を買うことは、「お金で幸せを買う」方法の1つであることが、研究でも明らかになっています。
    従来の定義では、服にお金をかけることを投資とは呼べません。価値が増すわけではなく、
    買ったときの代金を上回る価格では決して売れませんから。それでも、日々の快適さや、
    自分のルックスへの自信や、着回しの良さなどのために、先払いをするようなものと考えるのは間違っていません。
    たとえば、見た目が「許容範囲」で、履き心地も「悪くない」程度で、1年後にはボロボロになってしまうジーンズを6本持っているよりも
    、ぴったりフィットし、履く人をカッコよく見せ、長持ちする、
    とても質の良いジーンズを2~3本持っているほうが良いのです。
    高級ブランドのTシャツ1枚に100ドルを費やすとなると、さすがに行きすぎかもしれませんが、
    「これなら毎日喜んで着たい」と思える良質のTシャツであれば、3枚セットを40ドルで買うのに、
    後ろめたさを感じる必要はありません。ほとんどの時間、服を着て過ごすのですから、
    これならずっと着たいと思える良質なアイテムにお金をかけてはどうでしょう?


    高級な服を着ると、印象アップで気分も上がる
    体型やサイズは人によってさまざまです。にもかかわらず、安物の服の多くは、
    同じ形のままサイズだけ変えて大量生産されています。そのため、たとえば安物のワイシャツは、
    特定の体型の人以外が着ると、カッコ良く見えません。もしシャツのどこかがブカブカだったりピチピチだったりすると、
    何となく引け目を感じるし、着心地も良くありませんよね。そういった気持ちはボディーランゲージにも現れます。
    反対に、シャツが体にフィットして快適なら、それが自信アップにもつながります。同じ例で説明すると、
    高級なワイシャツは、多くの場合、何通りものパターンが用意されています。ですから、どんな体型の人でも、
    しっくりくる1枚がきっと見つかります。たとえ見つからなくても、あなたの体型にフィットさせることは可能ですし、
    そうするべきです(この件についてはまた後ほど)。
    好ましい風潮ではないかもしれませんが、服を見て人物を判断されることはあります。
    服は、着る人のプロ意識の度合いや社会的地位を、わかりやすく示すものです。高級服の一式を持っていれば、
    自分の見た目に自信を持ったヤリ手にだって変身できます。倹約家の人には、
    服にお金を使うなんて軽薄なことのように思えるかもしれませんが、就職活動中や、
    人脈を広げたいときなど、服にお金をかけないわけにはいかない場合もあるのです。

    (続きはサイトで)
    3:2016/01/28(木) 11:11:55.67 ID:
    靴に金を掛けろ
    ばっちゃがそう言ってた
    【【服】安い服はかえって高くつく 「量より質」のススメ】の続きを読む

    1:2016/01/28(木) 13:29:47.14 ID:
    http://response.jp/article/2016/01/28/268684.html

    スズキが発表した2015年12月の四輪車生産・国内販売・輸出実績によると、
    世界生産台数は前年同月比2.5%減の22万9989台で、2か月連続のマイナスとなった。
    国内生産は、国内・輸出向けともに減少し、同22.3%減の6万7784台と10か月連続のマイナス。
    海外生産は、インド、パキスタン、ハンガリーなどで増加し同9.1%増の16万2205台で2か月ぶりのプラスとなった。

    国内販売は同44.6%減の4万2419台で、12か月連続のマイナスとなった。
    そのうち登録車は新型『ソリオ』と『エスクード』が増加し、同28.6%増の6077台と4か月連続のプラス。
    軽自動車は全車種が減少し、同49.4%減の3万6342台で9か月連続の2ケタ減。12か月連続のマイナスとなった。

    輸出は、中南米、東南アジア、欧州向けなどが減少し、同27.8%減の8725台と、9か月連続のマイナスとなった
    7:2016/01/28(木) 13:39:06.23 ID:
    >国内販売は同44.6%減

    ちょっと待てや…これ、酷い数値だぞ?
    どこが景気回復してるんだ?
    【【自動車】スズキの国内販売44.6%減、12か月連続のマイナス…12月実績】の続きを読む

    1:2016/01/27(水) 15:16:01.59 ID:
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47597

    国家公務員の給与とボーナスが2年連続で引き上げられた。安倍晋三内閣は12月4日に、
    2015年度の国家公務員の月給を0.36%、年間の期末・勤勉手当(ボーナス)を0.1カ月分それぞれ引き上げること
    を閣議決定したのだ。年収にすると0.9%の増になる。4月に遡って支給されるため、
    1月に調整額として支払われることになる。まさに安倍首相からの“お年玉”だ。

    月給とボーナスが2年連続で引き上げられるのは24年ぶりという。1991年度以来だから
    、まさにバブル期以来ということだ。この2年間での引き上げは10%を超えている。
    安倍首相はアベノミクスの効果が給与の増加に結び付く「経済好循環」を掲げている(※1)が、
    真っ先にその恩恵を受けているのが公務員なのだ。
    この2年間で最も大きかったのは、東日本大震災による減額措置をすっかり白紙に戻したこと。
    東日本大震災の復興財源を確保するために、所得税などに上乗せする復興特別税を創設、
    国家公務員も「身を切る」姿勢を示すために、給与が平均7.8%、賞与も約10%減額された。12年度と13年度の話だ。

    それを安倍内閣は14年4月、元に戻したのである。7.8%減を元の水準に戻したので、
    給与は前年度比で8.4%増加。ボーナスも10%減が元に戻ったので11%以上増えた。
    さらに人事院が勧告した月給の0.27%アップと、賞与の0.15カ月分引き上げも実施したため、
    人によっては2割近くも年収が増えたのである。

    14年4月といえば、消費税率が5%から8%に増えたタイミングである。国民に負担を求めながら、
    一方で公務員に大盤振る舞いしたのには唖然としたが、メディアはあまり報道せず、批判の声は盛り上がらなかった。
    ちなみに7.8%の削減で浮く財源は3000億円。復興特別税での所得税上乗せ分も約3000億円である。
    復興税の方は2037年まで25年間も永遠と続く。
    国家公務員給与の総額は財務省が公表している15年度当初予算ベースで3兆7975億円。これが0.9%増えるから
    3兆8300億円程度になる模様だ。一律削減で大きく減った13年度は3兆5018億円(当初予算ベース)
    だったから3300億円近く増えている。

    財務省は国債の発行残高など「国の借金」が1000兆円を突破した、このままでは財政破綻しかねない、
    と国民に危機感を煽っている。財政破綻を避けるには消費税を引き上げる他ないというのだが、
    その一方で、自らの給与は着々と引き上げているのである。単年度赤字を出し続けている会社が、
    給与やボーナスを大幅に増やすなどということは、民間の常識では考えられない。なぜこんな理不尽が許されるのか。
    国家公務員の給与やボーナスは、「民間並み」になるよう人事院が「引き上げ」や「引き下げ」を勧告。
    それに従って内閣が決定する仕組みになっている。あくまで「民間並み」が原則なのだ。
    15年度の改訂でも、民間給与が41万465円なのに、国家公務員の給与は40万8996円である、
    して格差を解消するように求めた。だが、実態は違う。勧告の計算の対象から国家公務員の管理職以上を外し、
    平均額が低く見えるような仕組みにしているのだ。50歳を超える公務員になると、給与は民間よりも高いのだ。

    人事院が資料に示す「モデルケース」でも、35歳の本省の課長補佐の年収は741万円、
    45歳の本省の課長は約1195万円、局長になれば1729万円に跳ね上がる。
    22:2016/01/27(水) 15:32:05.37 ID:
    社会主義だからね日本は
    37:2016/01/27(水) 15:40:48.64 ID:
    民主党の事業仕分けは良い政策だったな
    85:2016/01/27(水) 16:32:05.26 ID:
    民間企業の給料が上がっているからだよ。
    これに基づいて条例で決めるんだよ
    最終的に決定するのはみんなが選挙で選んだ議員さん達なんだよね。
    選挙に行かないで文句言ってるお前が悪い
    【【財政】なぜ公務員の給与が増え続けているのか】の続きを読む

    このページのトップヘ