極 最新まとめ

主に2chの記事のまとめや最新ニュースをお届けしているサイトです。

    経済

    1:2016/01/31(日) 12:29:45.14 ID:
    http://blogos.com/article/156098/

    最近、中高年フリーターの問題がクローズアップされる機会が増えています。

    参考:「中年フリーター」のあまりにも残酷な現実

    いつまでたっても非正規に固定されたままだの、このままでは彼らの老後はどうなるだのといった話ですね。
    筆者は7,8年ほど前からずっと「格差問題の本番は団塊ジュニアが50代を迎えてから」と言い続けてきましたが、
    ようやくメディアもこの問題の重大さに気づいたということでしょう。
    そんな中、東京都も独自に対策を打ち出し、中高年フリーターに研修を受けさせて正社員採用の後押しをするそうです。
    果たして都の対策は効果があるんでしょうか。そもそも、企業はなぜ中高年フリーターを採用したがらないのでしょうか。
    いい機会なのでまとめておきましょう。

    なぜ企業は中高年フリーターを正社員採用したがらないのか
    あなた自身が企業の人事担当だと想像してください。自社の中途採用面接に、45歳のフリーターの人が受けに来たとします。
    たまたま就職氷河期に世に出たために長く非正規雇用を転々としてきた人ですが、根は真面目そうでいい人です。
    コミュニケーション能力もいまどきの若いもんよりはありそうに見えます。
    でも、自社には年功賃金と言うものがすでにあって、30歳でだいたいいくら、45歳でいくらといった具合に労使でだいたいの
    水準を決めています。「45歳だと子供も大学進学する頃だからこれくらいは必要だ」的な生活給の観点から取り決められてきたものです

    そういう賃金システムの中に、正社員経験のない45歳を取り込んでしまうと、明らかに生産性に見合わない賃金を払うことになります。
    ちなみに45歳以上でも採用されるのは、他社で正社員として実績を積み、それなりの成果もあげている管理職ですね。
    まあそうした人はヘッドハンティングするのが一般的ですが。
    さて、ここでその45歳フリーターの求職者がこう言ったとしたらどうでしょうか。
    「自分はまだ独身ですし、正社員としてのスキルもないので、新人と同じ初任給スタートでかまいません」
    日本企業の賃金体系は、若い間は生産性以下の賃金に抑え、40歳を過ぎたあたりから生産性以上の賃金を払うことで
    トントンにする仕組みです。45歳の新人を採用したとして、彼はいったいいつ頃トントンになるんでしょうか。トントン前に定年退職しちゃいますね。
    「最初の一年は初任給で、二年目からは成果に応じて柔軟に格付けすればいいんじゃないか」と思う人もいるでしょう。
    でもね、日本企業には成果に応じて柔軟に処遇を見直す仕組みなんてそもそも無いんですよ。(リストラや不祥事を除いて)
    ルーチンでの賃下げ・降格なんてまずないし、成果に応じて格付けなんてこともない。勤続年数に応じてちょこっとずつ昇給させ、
    働きぶりでなんとなく査定して微妙に差をつけるくらいです。だから20年くらいたってみると同期の間でも100万~200万
    くらいの年収差はついているものですが、厳密に何年目でいくらの生産性にたいしていくら貰ったかなんて誰にも分らないんです。
    すごく大雑把に言うと、終身雇用というのは「みんなで一丸となって会社のために頑張ろうぜ、給料なんて小さいことは気にするなよ
    これから少しずつ上がっていくから、頑張った人は後できっと報われるさ」的なムラ社会なんですね。
    そういう組織の中を、唯一、45歳オジサンだけが完全単年度主義で上がったり下がったりしながら生きていくのは不可能なんです。
    4:2016/01/31(日) 12:35:42.09 ID:
    お喋りが多い
    それもくだらないこと
    そして指示の内容に意見する
    お前の提案なんか聞いちゃいないんだよ
    いろいろあって今はこういうやり方してんの!
    とっとと言われたことをやれ
    【【仕事】なぜ企業は中高年フリーターを正社員採用したがらないのか】の続きを読む

    1:2016/01/31(日) 15:40:13.47 ID:
    アメリカ発祥の会員制倉庫型量販店「コストコ」が、
    アルバイト従業員を全国一律時給1200円以上で募集しており、その好待遇が話題を呼んでいる。
    【【社会】コストコが時給1200円以上でアルバイトを募集する理由「地域の活性化につながれば」…地元も歓迎】の続きを読む

    1:2016/01/30(土) 22:37:59.56 ID:

    先日、決算報告を発表したソニーモバイル。

    「予想通り予想以下」の芳しくない数字となりましたが、今回の発表、注意深く見ると非常に興味深い、というか「エクスペリア終わった感」満載の事実が浮かび挙がって来ます。

    まず、今回の発表でソニーは2015年全体のスマホの出荷台数見込みを2700万台から2500万台に下方修正。
    2014年の合計出荷台数が4000万台、2013年が3840万台なので、初代Xperia Z3がリリースされて以来、最低の売り上げということになります。

    また、2015年第1、2、3四半期の合計が2150万台を売り上げているので、逆算すると2015年第4四半期の売上台数は350万台程度になるということになります。

    これ、ソニーの見込みどおりならば、とんでもない数値かもしれません。
    というのも、350万台という数字は前年比マイナスどころか、2010年以来の低数値。

    しかも昨年の第4四半期と言えば、Xperia Z5、Z5 Compact、Z5 Premiumがリリースされた時期です。

    一方、Xperia Z3/Z3 Compactがリリースされた2014年の第4四半期の売上台数は1190万台。

    つまり、2015年はフラッグシップがリリースされたかき入れ時の出荷台数が前年同期比で1/3に落ち込む見込む、ということになります。

    もちろん、Xperiaシリーズには他のモデルもあり、出荷時期とリリース時期にもズレはあるとは思います。

    それでも、単純に考えてXperia Z5シリーズはXperia Z3シリーズに比べて1/3程度しか売れていない可能性が高いと思われます。


    http://sumahoinfo.com/xperiaz5-sales-could-be-the-lower-than-z3-lowest-in-z-series
    【SONY「XperiaZ5が全く売れない。一体なぜ...」】の続きを読む

    1:2016/01/30(土) 16:46:58.50 ID:
    この夏、スイスでは「ベーシックインカム制度」の実現に向け国民投票が行われる予定だ。
    これが可決されれば、毎月2,500スイスフラン(約30万円)が無条件で国から支給されることとなる。

    スイスが世界初の「ベーシックインカム」導入国となるか、注目が集まっている。

    貧富を問わず国民に一定の金額を毎月支給する「ベーシックインカム」。
    貧困を失くすため、すでにスイスではこの制度の導入に向け動き出している。


    大規模な国民投票が正式に決まったはスイスが世界初。支給額は成人で2,500フラン(約30万円)、
    子供625フラン(約7.5万円)となり、年間2,080億フラン(約25兆円)の財源が必要と予測されている。

    毎月これだけの収入が無条件で入ってくれば、労働人口が縮小するーつまり仕事を辞めてしまう人が増えるーという危惧がある。
    しかしこの政策を提案するグループは、国民の大多数は働き続けるという調査結果をまとめているようだ。

    他の1,076人を対象にした調査では、約3分の1の人が「他の人は仕事をやめる」とも考えており、
    この制度が実現した場合にどうなっていくのか見ものとも言えよう。

    http://yurukuyaru.com/archives/53715513.html

    33:2016/01/30(土) 16:54:49.38 ID:
    いつもベーシックインカム勇み足の奴が所在不明の情報に騙されてるけど、馬鹿なのか
    このURLもソースなしだし
    【スイス「ベーシックインカムで国民に毎月30万円(子供には7万5000円)を支給するわ」】の続きを読む

    1:2016/01/30(土) 15:56:50.03 ID:
    ◆【スピード違反世界一】スモーキー永田氏…イギリスの高速道路を時速317㎞で激走し伝説に!?

     制限速度時速80㎞の高速道路を時速317kmで疾走、それも日本から遠く離れた異国の地で。
    一歩間違えれば国際問題にもなりかねない記録を持つ男が、スモーキー永田氏だ。なぜこんな記録を樹立したのか。

    「もともと車をチューン・アップして時速300kmとかで走るのが大好きでね。だから普段はサーキットで走っているんです。
    だけど、あのときはたまたま……」

     そうお茶を濁す永田氏。そもそもこの男、車を改造して楽しむ趣味人の世界では名の知られた“走り屋”でもあった。

    「あのときは現地のディーラーからモーターショーに招待されて、改造車を持ってイギリスに行ったんです。
    で、たまたま会場の近くに完成したばかりのハイウェイがあった。それで、ショーの後に走ることにしたんです」

     最初は軽く走る程度で終わるつもりだったという。ただ、そこは走り屋。ハンドルを握ると魂に火がつき、
    何度も時速300km以上でハイウェイを走り抜けた。

    「走りを撮影してくれているクルーもいたし、路面もキレイだったから調子に乗った。でも、全部警察に
    見られていたんです。そのまま地元の警察署に連行されて、留置場で一晩。現地の警察官はメチャクチャ
    怒っていて、このままずっと日本に帰れないんじゃないかとか考えて怖かったですね」

     結局、永田氏を招待したディーラーが手配した弁護士の尽力もあり、“時速100kmオーバー”
    を認めて罰金を支払って翌昼には釈放された。

    「帰国してもしばらくはドキドキしてましたね(笑)。イギリスでは大々的に報道されて、
    『なんであの日本人を釈放したんだ』と警察が叩かれたらしいです」

     しかし、走り屋の間では“ストリートで時速300km”を果たした永田氏は、一躍伝説の男に。
    ニュージーランドやアメリカではサイン攻めに合うこともあるという。

    「でも、二度とあんなことはしません。サーキットに行きますよ。そこで時速400km。
    もちろんボクのチューン・アップした車でね。それが今の目標ですよ」

    http://news.livedoor.com/article/detail/11123742/
    http://imgur.com/nbWTyeE
    2:2016/01/30(土) 15:57:46.39 ID:
    新東名で後悔すんなよ
    8:2016/01/30(土) 15:59:36.38 ID:
    ターボぐらいは付けろや

    でも、付けてもタイヤの細さと重量のなさは誤魔化せませんわ
    9:2016/01/30(土) 15:59:45.87 ID:
    高速が怖い
    フラフラすんな
    【軽自動車で十分←最近ようやくこの概念を理解できた どうせ120km/hぐらいまでしか出せないんだから普通車は無駄】の続きを読む

    このページのトップヘ