1:2016/01/25(月) 18:32:19.34 ID:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/463805/012100069/

日本は今、空前のIT技術者不足。ユーザー企業のIT部門も、SIerも、下請けベンダーも、
そしてブラック企業も「必要な頭数を確保せよ」と、まるでモノか何かをかき集めるかのような
口調で技術者の“調達”に奔走している。この私にさえ技術者不足への対策を聞いてくる人がいるが、
そんな時は必ず「諦めてください。それが日本や大勢の若者のためです」とだけ答えることにしている。
 なぜ、そんな木で鼻をくくったような態度をとるかと言うと、これまで抜本的な対策を打とうともせず
、周期的に「技術者が足りない。大変だ!大変だ!」と騒ぐ浅薄な連中が大嫌いだからである。
それに、モノか何かのようにかき集められる若者の将来よりも、国や大企業などのシステムのほうが大事だと思っている
点もゲンナリする。そんなものは圧倒的に小事である。

 そもそも、「技術者不足への対策は技術者を増やすこと」と脊髄反射的に考えるのは、
何とかならないものだろうか。ご存知の通り、システム開発の需要は景気などの影響を受けて大きく変動する。
今のように需給が逼迫している時にかき集めた技術者の多くは、不況になり需要が大きく落ち込むとお払い箱になる。
技術者を増やすという対策は、人でなしの所業である。
 「モノか何かのように」と書いたが、本当のモノだと、人のようにはかき集めることができない。憶えているだろうか。
日中関係が緊迫したのを受けて、中国がハイブリッド車のモーターなどの製造に
不可欠なレアアース(希土類)の対日輸出を、一方的に停止したことがあった。
なんせ中国はレアアース生産量の9割を握っていたから、日本の主力産業が大打撃を受けると、
それこそ「大変だ!大変だ!」と大騒ぎになった。
 その結果、どうなったかと言うと、何事も無かった。代替素材の開発などが一気に進み、
中国産レアアースへの依存を大きく減らしたのだ。まさにモノ不足がイノベーションを引き起こしたわけだ。
で、普通はこうだろう、と思う。なぜハイテク産業であるはずのIT業界では「技術者不足→大変だ!大変だ!→若者をにわか技術者に仕立てろ」
になってしまうのか。あまりに安直である。
ITベンダーは日頃、顧客に向かっては「これからはITを活用したイノベーションが必要」とご宣託を語る。
これはもう悪い冗談にしか思えない。自分たちはというと、そんな“お告げ”に自ら耳を傾けず、
人海戦術の労働集約型産業からいつまでたっても“イノベーション”しようとしない。そして技術者が足らないとなると、
「素人でもいいから、人をかき集めろ」となる。

 まさに人月商売、IT業界の多重下請け構造の恐ろしさである。SIerをはじめとする
ITベンダーは人月商売にどっぷりとつかっているから、需要に対する技術者の頭数でしか
ビジネスを考えることができなくなっている。しかもSIerなど大手ITベンダーは、技術者不足だからといって
正社員を増やす必要はない。業界の多重下請け構造により、外部の技術者を安く“調達”できるのである。
 さらに人月商売が始末に負えないのは、技術者不足だからといってもITベンダーは本質的には何も困らない点だ。
モノ不足の場合、先ほどの例で言うと、もしレアアース不足の問題が解決していなかったら、
高性能モーターなどを造れず、自動車産業をはじめ多くの製造業が苦境に陥っていただろう。
製品を造れないのだから、下手をすると経営破たんといった最悪のケースもあり得る。
 人月商売のITベンダーの場合、作るものは一品モノの情報システム。技術者不足で外部調達もままならないのなら、
官公庁や金融機関などの上客の案件に技術者を回して、それ以外の客の案件は断ればよいだけだ。
客は困るだろうが、知ったことでない。しかもSIerなど大手ベンダーは不景気になっても、
下請けベンダーを切り内製率を上げれば、容易にしのぐことができる。

 まさに労働集約というローテク産業の特権。人月商売万歳、多重下請け構造さまさまである。
「火中の栗作戦」などとアホなことを言って危ない案件を取りにさえ行かなければ、生きるか死ぬかといった
他の産業のような苦境に陥る心配が無い。そんな経営者がノホホンとしていられるような環境では、
イノベーションなどどだい無理な相談なのである。
3:2016/01/25(月) 18:34:50.35 ID:
長すぎて読む気がしない
7:2016/01/25(月) 18:38:04.98 ID:
人月商売って何だって?調べたらこうか。

くだらねえ業界用語使うなよ。



まず人月とはどういう意味なのか、どんな風に使われてるかお伝えしたいと思います。

人月というのはIT業界で仕事の量や見積もり金額を出す際に使われる単位のことなんです。

例えば
・この仕事は20人月あれば終わるな
・うちは1人月100万円で仕事を請け負ってます

といった使い方をします。

つまり1人の人材が1ヶ月働く際の単位のことです。
9:2016/01/25(月) 18:38:45.62 ID:
>>3
まとめるとSIerはクソ
客はウンコって書いてる
48:2016/01/25(月) 19:13:28.15 ID:
大体ユーザーが仕様をきっちり作れれば、IT技術者なんて半分で済むんじゃねーか
と、かつてユーザー側にいた経験から思う
51:2016/01/25(月) 19:17:56.00 ID:
逆に言えば>>1がイノベーション起こせるようなアイディアをIT業界で始めれば大儲け出来るんじゃね?
61:2016/01/25(月) 19:44:53.72 ID:
>>48
開発側じゃなくてユーザ側なのか
でもやらないんだな
やれないのかもしれないけど
俺はユーザ側を恨んでたよ
93:2016/01/25(月) 20:20:05.50 ID:
会社の会計と労務評価、請求、見積、予算を全部リンクさせたいんだが
いくらぐらい?見とけばいい?
年商3億円もいかないんだけど。
取引先は年間で定期的で20社単発30件ぐらい
支払い先は40社。
事業は5部門。
94:2016/01/25(月) 20:21:11.33 ID:
>>61
最初の会社でシステム開発にユーザー側として参加したんだが、外部設計段階で
ユーザー側が自分たちのやっている業務を論理的に説明できずに声高に自分の
案を主張するだけで大荒れ、いつまでたっても会議が終わらないw
まあ、なんだかんだ言いながらちゃんと稼働したけどね

その後、別の会社で管理職をやったときにITに強い部下と示し合わせてIT側の用語を
覚えて分かりやすく説明できるようにしたら、他の部門が常にシステムの出来が悪い、
バグが多い、いつまで経ってもシステムが出来てこないと文句ばかり言っているのに、
ウチの部署だけ問題ないシステムが速攻で出来上がる状態だった
(因みに担当している相手は同じ人)

こういう経験を通じて、悪いのはシステム技術者じゃなくてユーザーなんだと思ったね
IT絡みだけの問題じゃなく、日本のホワイトカラーの生産性云々の低さもこれが原因だろうね
100:2016/01/25(月) 20:26:59.21 ID:
状況を簡単に説明すると

・エンジニアは他人との交渉事にとても弱いオタばかり。
・経営者や顧客は文系のDQN脳筋で物事はざっくばらんな定性的レベルでしか理解できない。

で、実際にシステムを組む時点で曖昧な要件を、機械に任せるために
 要件をガッチリと様々な物事を定義していくが様々な矛盾や破綻が発生。
 でも、経営者やDQN顧客がでも、契約したからその予算と納期で何としてでもやり遂げろ
 と、無茶ぶり振りかざしデスマーチ発生、予算が決まっているために当然給料は薄給に。
 人手が足りないから、エンジニアを増やしたいが、有能な人間はクズ業界のウソと条件を知り尽くしているので集まらない。
 代わりに、素人を集めて作らせる。で、当然素人集団ならではのトラブルが大量発生。
 以降、延々と遅延、質の低下、想定外のトラブルの悪循環。

だから、
・オタなエンジニアに有無を言わせず無理をさせる強欲素人文系脳筋経営者と
・強欲権謀数術文系脳筋DQN顧客の排除が必要

アメリカはエンジニアも多少DQN+脳筋入っているから無理な経営者や顧客の無茶要求を交渉で捩じ伏せるから条件が良い。
112:2016/01/25(月) 20:34:49.66 ID:
>>93
労務評価だけはリンク難しいと思うわ
性質が全く異なるから

勤怠管理給与計算、会計、請求、見積り、予算管理はリンクは汎用ソフトで充分可能
導入後サポートが大事なんだが街のコンピュータ屋さんを通さないMJS辺りなら1000万かからないと思うわ
街のコンピュータ屋さんのサポートはあてになんないから気をつけてな
頑張って!
121:2016/01/25(月) 20:40:36.62 ID:
>>112
1000万円すか。。。
貧乏はいやですなあ。。。
零細なんで急拡大事務が追い付かないんでなんとかしようと思ったけど。

将来を見据えれば1000万円も安いけど、短期的だと2人雇えるなあ。。。
134:2016/01/25(月) 20:49:37.61 ID:
他の分野に比べて
 技術者の給与が安く、残業も多い

3年経験積んだら
 最低でも年収500万はあげていい
136:2016/01/25(月) 20:50:18.77 ID:
痴呆自治体だと一人月80から100万円位で入札予定価格を自治体が積算する
そもそもこれが安すぎる
がしかし、役人は自分の給与と比較して月80万円も払うんだから充分だと考える
親方日の丸の役人には、民間が80万円の仕事に毎月コンスタントにありつける保証はないという厳しさや会社運営の間接コストの存在を理解できない

さらに
元請け一次下請けと中抜きされて二次下請けに来る頃には一人月50万円位になる
二次下請けは年間600万円で技術者を雇いさらに会社を運営するための間接人員や間接コストを負担しなくてはならない
したがって二次下請けが技術者に出せる給与は年収400万円程度が限界となる
二次下請けは正社員を抱えたくないから
派遣や非常勤や三次下請けを使うようになる
こうして際限なく低所得労働者が生まれていく
137:2016/01/25(月) 20:50:37.14 ID:
>>134
元請けだと500行くけど人扱いされないよ
152:2016/01/25(月) 21:03:51.29 ID:
建築業は専門の資格がないとできねーのに
ITはなんの免許もいらないあたりやっぱり異常だ
156:2016/01/25(月) 21:06:01.31 ID:
>>152
スキルを測る方法がないのはジレンマだよな
時代で技術はコロコロ変わっていくし
何より実際に作らせないとスキルが見えないのが一番でかい希ガス
上手いことスキルが測れたら良いんだけどねー
167:2016/01/25(月) 21:13:04.47 ID:
>>152
そもそも何基準に資格作るの?
別に資格じゃなくて成果に対して適切な報酬出せば良いんで無いの?
官の仕事の振り方が丸投げみたいな書き方してるけど、丸投げじゃシステム構築出来ないでしょ。
まず、マイナンバーの管理方法やセキュリティ、銀行やクレジットカードと個人のリンク全てをどうマッチングさせるかなんて相当な知識ないと発注すら出来ないのでは?
173:2016/01/25(月) 21:16:33.29 ID:
>>167
大体こんな感じでできると思うんだよ
あ、そこ?そこはこれから確認するんだけどさ
そこがはっきりしないと受注できない?
そんなこと言わないでさ-、長い付き合いじゃない、ちょっと色付けるからさ
とりあえずプロジェクトは始めないとスケジュール的にまずいんだよねー
そんなこと言ってると他の会社に出しちゃうよこれ
嘘嘘冗談冗談、はっはっはっはっ

はぁ
177:2016/01/25(月) 21:17:29.77 ID:
日本語でプログラムを組めるようにしたり、わかりやすいアイコンや吹き出しで漫画のように
プログラムを組めるようにすればもっと人材は増えるのに。

今のようなアルファベットや数字の羅列だと、ワケわからないし目眩がするよ
180:2016/01/25(月) 21:18:16.66 ID:
技術者不足とか言ってるけど技術者の殆どを派遣低賃金とデスマーチで使い潰して代わりが居なくなっただけでしょ?
まあ本当に困ったら賃金が高騰するからそれまで死ぬしかないね
こんなの移民だろうがなんだろうが解決出来る訳もなし
191:2016/01/25(月) 21:25:38.93 ID:
>>180
もし本当に人が全くいないなら給料が高騰して必ずやりたい人が集まる

つまり、自分ではやらずに、中抜きや丸投げでタダ同然で働いてくれる労働力がいない、ということなんじゃないか?
192:2016/01/25(月) 21:26:23.81 ID:
都合よく使いつぶした挙句、スキルパスは自己責任とかおっしゃるからね
193:2016/01/25(月) 21:27:23.46 ID:
リーマンショックでITブラックはあらかた潰れたし
もうええんでないのwww

あんまり足りないならまた不景気にすればよし
194:2016/01/25(月) 21:28:16.62 ID:
>>193
リーマンショック時より特派企業が元気な現状がある恐怖を知らないのか・・・
195:2016/01/25(月) 21:28:21.54 ID:
>>173
んなわけねーだろ!
発注内容わからなくてどうやって官庁は予算確保するんだよw
まあ仕事受けたことないから知らんけど、普通にマイルストーンきって技術的に問題ある所はスペシャリスト投入するだろw
そうなると人月100万じゃ問題が発生して人月120万~200万の試算とか出して上司説得しなきゃ駄目でしょ。で予算確保すると。

かなり細かく把握してないと発注そのものが出来ないはず。
200:2016/01/25(月) 21:31:02.81 ID:
>>193
今、既に不景気だろ
派遣だらけでまともな奴は既に逃げて居なくなってる
なんか認識ずれてね?
201:2016/01/25(月) 21:31:15.37 ID:
>>194
知らんが元気ならそれはそれで別にかまわん
要は経済を回せばいいんだし
経済は無駄遣いみたいなもんだし
208:2016/01/25(月) 21:34:24.79 ID:
>>200
今既に不景気と何を判断基準にそういっているのかわからん
株価?失業率?景気動向指数?
正直そこまで不景気というわけでもないとおもうが
まごうかたなき不景気だと思っているなら
確かに俺の認識はずれてるな
209:2016/01/25(月) 21:34:48.97 ID:
本当に人手不足なのか怪しいもんだなぁ。
賃金水準を下げるためなんだろうな。
212:2016/01/25(月) 21:37:29.86 ID:
実はITにはホワイトな部分があるの、皆んな知らないのね
全部がブラックに見えてしまうのは、ある意味可哀想
248:2016/01/25(月) 22:15:55.45 ID:
どうしても必要なら、公務員がITシステム作ればいい。

【政治】国家公務員の給与など引き上げ 改正給与法が成立
http://itest.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1453276430/
251:2016/01/25(月) 22:19:02.67 ID:
>>177
日本語で書かれている要件定義書の解読が一番大変なのに。
259:2016/01/25(月) 22:32:16.43 ID:
俺、IT技術者なってもいいよ
IT関連の仕事やったこともないし情報処理の資格も持ってないけど
261:2016/01/25(月) 22:33:29.20 ID:
>>259
本当に引っ張られるからうかつに言わない方が良いぞ
青い銀行のプロジェクトは、つい最近までフリーターで牛丼屋の仕事やってましたって人まで居る
263:2016/01/25(月) 22:34:25.51 ID:
>>259
ようこそ
歓迎しますよ
とりあえず銀行辺りの仕事に行ったらどうでしょう?
275:2016/01/25(月) 22:43:09.76 ID:
>>167
銀行の建物を設計するには建築士の免許がいる
ガス管を工事するにも電気配線を引くにも交差点を作るにしても資格が要る
人命が絡むからな。

でもどういうわけだか銀行のシステムやら原発のシステムを設計・製造するのは
無資格でできちまうんだわ、おかしいと思わないか?
292:2016/01/25(月) 23:02:09.67 ID:
しかも最近の若いもんはスマホ中毒でPCの使い方を知らない。
教育しようにも前提条件のハードルが高すぎる。
299:2016/01/25(月) 23:09:41.40 ID:
>>292
親が買い与えるのが携帯ゲーム機、そして、スマホだから
PCは大学生になってから・・・
320:2016/01/25(月) 23:34:02.46 ID:
ぐう正論。
だいたい秒殺できるプロが、ちんたらやるカスより評価低いとかそんな状況だもんな。
時間ベースで考えるのいい加減やめれ。
355:2016/01/26(火) 00:29:21.43 ID:
いないなら育てりゃいいじゃないって
育てもせずにかき集めて不要なら
ゴミ箱にぽぽいのぽいよしてたら
このいんたぁねつと時代じゃさすがに悪評広まっちまうよ
あんたら一応いんたぁねつとつこうた仕事やってんでしょ
んなもんしられるにきまってんでしょってな
356:2016/01/26(火) 00:30:07.15 ID:
>>1

介護士 「低賃金で働いてくれる人が不足」
保育士 「低賃金で働いてくれる人が不足」
看護師 「低賃金で働いてくれる人が不足」
バス会社「低賃金で働いてくれる人が不足」
飲食  「低賃金で働いてくれる人が不足」
IT業界 「低賃金で働いてくれる人が不足」

https://twitter.com/kal_hawking/status/690074536172199936

今の経営者層のモラルハザードの限りを尽くした結果が、現在の状況だよね?(´・ω・`)
357:2016/01/26(火) 00:31:13.77 ID:
しかも同じようなシステム毎回毎回どこでも作りやがって頭悪すぎでしょ
398:2016/01/26(火) 02:56:04.84 ID:
>>259>>261>>263の言うように今なら誰でも入れるの?
401:2016/01/26(火) 03:17:20.01 ID:
>>398
あまり誠実でない派遣会社なんかが単金目的だけで技術ない奴を入れようとする
昔受け入れた人がなんじゃこりゃってのが結構いたのを覚えてるけど10年以上前だし
今はどうなのかしらん
423:2016/01/26(火) 06:58:43.46 ID:
>>1
また木村か!
474:2016/01/26(火) 11:07:48.12 ID:
>>356
アメリカは優秀なマには時給1000ドル払う、技術者を尊敬し大事にする国
日本は優秀なマはちょうどいいとばかりに過酷な労働で過労死させる国